CrackProof for iOS

トピックス

2016.2.25 CrackProof for iOS VerUP情報 NEW

今回、下記の新機能を追加しましたのでお知らせします。

・プログラムコード改ざん対策
・データ改ざん対策

iOSアプリのセキュリティはOSの保護機能で実現されているものが多いため、Jailbreak端末上でアプリを実行させることは非常に大きなリスクを伴います。しかし一方で、Jailbreak端末上でアプリを動作させたいというパブリッシャー様のニーズも存在します。
本機能を使用することで、JailBreak端末上でアプリを動作させた際のセキュリティが大幅に向上します。ゲームのチートツールにはアプリのデータを改変するタイプも存在するため、そのような不正ツールへの対策としても非常に有効です。
なお本機能は非JailBreak端末上のアプリに対しても効果が大きいセキュリティ機能です。

2015.3.23 CrackProof for iOS VerUP情報

今回、下記の点についてアップデートを実施しましたのでお知らせします。

続きを読む

CrackProof for iOSがクラウド処理に対応
CrackProof for iOSは現在オンプレミス版としてお客様にご提供していますが、よりスマートにCrackProof処理を実現するため、クラウドでのCrackProof処理に対応しました。

CrackProof for iOS のSwiftアプリ対応予定
Apple社が現在、次世代のiOSアプリ開発言語として「Swift」の普及を推進しており、今後iOSアプリはSwiftでの開発が主流になると予測されます。
現在弊社においてもCrackProof for iOSのSwiftアプリ対応を進めており、近日中にリリースを予定しています。

CrackProof for iOSとは

あらゆるシーンで普及が進むiOSデバイス。iOSは同じスマートデバイス用OSのAndroid™と比較して、セキュリティ面で強固なイメージを持たれています。しかし、iOSにおいても、Jailbreakや海賊アプリ化など、アプリ開発者にとっての脅威が潜んでいます。
CrackProof for iOSは、iOSアプリをクラッキングから保護する、耐タンパセキュリティ”ライブラリ”です。お客様のアプリを、解析によるノウハウ流出や、海賊アプリ化などから守ります。
使い方は非常に簡単で、ビルド前のプロジェクトに関数を実装するだけで、セキュリティ処理が完了します。

CrackProof for iOSはUnityで開発したアプリにも対応しています。

採用実績

App Storeの審査に合格した人気アプリがすでに配信されています。

導入事例

ポノス株式会社 様 http://www.ponos.jp/

「CrackProofは本当に導入が簡単だった。」
不安や疑問をトライアルで解決!大ヒットゲームメーカがチート対策としてCrackProofを選んだその理由は?

導入事例ペーパーをダウンロード

セキュリティ機能

機能 機能説明
プログラムコード改ざん対策 NEW アプリ内プログラムコードの改変を阻止します。
データ改ざん対策 NEW アプリ内のデータの改ざんを阻止します。
本機能の使用にはデータ保護ライブラリの組み込みが必要です。
Jailbreak端末検出 Jailbreak端末上でのアプリ動作を阻止します。
APIフック対策 JailBreak端末上でのAPIフックを阻止します。
デバッガ対策 デバッガによる解析を阻止します。
海賊アプリ化対策 パッケージ内ファイルの改ざんを阻止します。
ライブラリコード改ざん対策 ライブラリ内のコード改ざん時に、アプリ動作を阻止します。
シンボル削除 アプリ内のシンボルを削除します。

*本機能はアプリの動作にほとんど影響を与えません。

CrackProof for iOS ライブラリ対応環境

iOSアプリの開発環境

OS OSX El Capitan (OSX 10.11.x)、macOS Sierra(OSX 10.12.x)
コンパイラ(Xcode) Xcode 8
開発言語 Objective-C, Swift

CrackProof for iOS 動作環境

端末 iPhone 6、6S、7 (*1)
アーキテクチャ ARMv7 / ARMv7S / ARMv8(arm64)
OS iOS 8.x / 9.x / 10.0.1 (*1)
キャリア SoftBank / au / docomo

*1:動作テストは表に記載したデバイスおよびOS バージョンで実施しています。

検討開始から導入までの流れ

以下のSTEPでご提案させて頂きます。

STEP1
ご検討内容のヒアリング
STEP2
機密保持契約の締結
STEP3
詳細ヒアリング
STEP4
御見積書の提出
STEP5
ご発注および使用許諾契約の締結
STEP6
ご使用開始

導入費用

導入費用は、リリース形態や導入アプリ数等により個別に御見積させて頂きます。

Contact Us

本製品について今すぐお問い合わせ

製品に関するお問い合わせ