こんにちは!
DNPハイパーテック マーケティング部です。

弊社では、オンラインゲームを運営するうえで
セキュリティ対策に取り組むことの大切さを
このブログでも度々お伝えしてきました。

利用者に有利な状態を作り出すため
ゲーム内のデータを不正に改ざんするというチート行為は、
課金回避により収益を減少させるなど
正規プレイヤーからの信頼を失うことにつながるため、
ゲームを運営していくためには必ず対策が必要になります。

弊社のお客様には、チート行為を防ぐために
CrackProofを使用して自社タイトルのセキュリティ対策を行っている
ゲーム会社様が多くいらっしゃいます。
今回は、ゲームアプリの開発・運営を行っている
株式会社イグニッション・エム様
インタビューを行いました。

>>>資料ダウンロードはこちらから!





株式会社イグニッション・エム(以下イグニッション・エム)様は
会社立ち上げ時にCrackProofを採用され、
現在まで継続して使い続けていただいています。
実際の使用の難易度、サポート対応へのご意見など、
ゲーム制作の現場でのCrackProof使用について、率直なご感想を頂きました。





インタビューを通して感じたのは、
セキュリティ対策をしっかり取ることで

ユーザーが安心してゲームできる環境を守りたい

という
イグニッション・エム様の強い思いです。

セキュリティ対策というと
本来の業務目的から離れた事務的な作業というイメージがありますが、
そこには自社のサービスを最良の形でお客様に届けたいという
業界に関わらず、どの企業様も大切にしている思いがこめられています。
そんな思いを直接お聞きして、
私たちも、これからもその声に
しっかり応えていきたいという思いを新たにしました。

セキュリティ対策ツールを検討しているけれど
現場の声をなかなか聞く機会がないとお悩みの方、
ぜひ今回の導入事例をダウンロードしてみてください!