こんにちは!
DNPハイパーテック マーケティング部です!
弊社HPをご覧いただき誠にありがとうございます。

先日、「Unity道場 京都スペシャル4」にお邪魔してきました!
今回、弊社はスポンサーとして協賛させて頂きました。
当日の模様と、出席し学んだこと等ご報告させて頂きます。
最後までご覧くださいませ!

——————————————————————————-

まず、「Unity道場」とはなんぞや?

というお話からさせて下さい。
「Unity」というスマホ向けゲームの開発エンジン(開発環境※)
を提供する会社が行う、

ゲーム開発に役立つ情報やTIPSを社会人・学生様向けに発信するイベント

です。

>> イベントURL
>> Unity 日本ページURL

※通常のPCはゲームを作ることを本来の目的としていないので、
 道具(環境)が必要になります。
(例)通常の部屋でDIY作業する場合、シートを引いたりごみ箱を設置したり
   目的に応じた環境を整備するようなイメージです)

「Unity」というと業界の中では大きな存在で、
スマホゲーム起動時にロゴが表示されるので
ゲームがお好きな方はご存知かもしれません。
このイベントは、京都で行われていますが
来られない方向けにストリーミングや資料の提供も行っていると聞きました・・・!

>> 資料公開ページ




では、これから当日のレポートを始めます!
まずは、入り口とブース展示の雰囲気です。

それぞれパンフレットやグッズを配ったりして
積極的にお話の機会を作っています。
もう少し知識が付いたら各方面の方や
ゲーム回りの製品を作ってらっしゃる会社様とも
意見交換など色々なお話がしたいです・・・!



配布資料の中のクリアファイル(右下)に
弊社製品のCrackProofのロゴも掲載されています。



次に講演内容です。
皆さんPCスタンバイで熱心に聞いておられました。
スピーカーの方も話に興味を持てるように
ユーモアや具体例を交えて思う存分に伝えていました!
講義中にTwitterを眺めていましたが
#Unity道場とタグ付けて実況的につぶやいている人もいて、
反応がリアルタイムで見られるのが面白かったです。

この講演を複数聞いて感じたことは、

「面白いコンテンツを作るためには、ゲーム開発に集中する環境が重要!」

=その他の作業や時間・コストのかかることは外部やプラットフォーマーにお任せしちゃおう!

とのメッセージが随所に入れられていたような印象です。

 

また、如何にマネタイズする(事業化する・収益を生む)
にはどうすれば効果的かを機械学習の技術を用いて
提案しているサービスが面白いなあと感じました! 
これは、ユーザー個々のゲーム利用歴や課金経験・趣向に応じて
課金アイテムや広告が自動で表示される仕組みです。

>> 「ゲーム制作における機械学習のお手軽学習法 」資料


ゲーム開発=面白いコンテンツやユーザー体験を作る

以外にもどう事業化しさらに面白いゲームを作るか
大きなモチベーションに繋がるのだと、
ゲーム開発者の心理が少し分かった気がします。

 


日本国内のソーシャルゲームアプリにおける
課金額は中国に次ぐ世界2位で、
ゲームコンテンツ市場は今後もこうした場で
技術を積み、ゲーム開発を志す学生の未来にもかかっているのかもしれません。
私たち、ゲーム開発に(少しでも)携わる会社の立場としては、
今後もこういったイベントへの賛同・協賛を積極的に行い
市場の活性化に寄与していきたいと考えます!


また、スマホのゲーム開発において

「面白いコンテンツを作るために開発作業に集中する」+
「マネタイズを最大化する」の両方を叶えるのが、

弊社製品の

CrackProof

です!!!!!!


というのも、CrackProofは、
「ソースコードの組み込みなしに簡単に手間なくセキュリティを取り入れられる」
が特徴です。

ゲームにはお金を支払って(課金して)アイテムをゲットしたり、
新たなストーリーに進めますよね。
しかし、仕組みを改ざんする等のズルをして
課金を免れるというチート行為が横行しています。
結果、ゲーム会社の収益を蝕んだり、ゲーム評価が下がったり、
マネタイズに大きく影響を与えます。

それを防ぐことが重要です!


最高のコンテンツや体験を開発・提供し続けるためにも、
セキュリティ対策を強固にしてくれる

“最高のセキュリティ”、

CrackProofのご使用を是非ご検討下さい。

>>製品ページ

>>問い合わせ


最後になりましたが、
今回協賛にお声かけ下さりノベルティ配布等にもご尽力頂いた、
クラウドクリエイティブスタジオ様、本当にありがとうございました!!